株式会社 川善

静岡県沼津市、からすみの販売「株式会社 川善」

FAX注文用紙

 

商品カテゴリ

店長ブログ

☆新モノ☆日本三大珍味 からすみ

こんにちは!
4代目店長の川崎です。
伝統と技術、味を守り続けるべく奮闘しております。
ぜひ、㈱川善のからすみをお召し上がり下さい。
 

店長日記はこちら >>

 

HOME»  からすみとは

からすみとは?

からすみとは?

 

●「日本三大珍味」と呼ばれるからすみ。
からすみとは、ボラの卵巣を塩漬けにし、圧搾・乾燥した食品です。
高価でサワラやタラ等の卵巣で代用品が作られるため、ボラの卵巣を使用したものは「本からすみ」と呼ばれます。

●ではなぜ「からすみ」という名称なのでしょう?
からすみは、形が中国から渡来した墨「唐墨(からすみ)」に似ていたことから命名されました。昔は冷蔵技術がなく、常温保存されていたため、時間が経つと色が黒くなり、形だけではなく色も唐墨に似ていたといわれています。
一説には、備前名護屋城にいた豊臣秀吉に土地の代官がこの食品を献上した際、その名を尋ねられとっさに「唐墨です」と答えたため、「からすみ」という名になったとも言われています。

●日本三大珍味とは?
唐墨(からすみ) 、海鼠腸(このわた) 、海胆(うに)と言われています。

 

川善のからすみ

川善のからすみ

 

(株)川善では、創業以来4代に渡り、伝統と技術、味を守り続けて、プロの職人(料理人)の舌をも、納得させるお墨付の極上からすみであり、一般庶民には、目にすることのできない、業者のみでしか、販売していませんでした。
特大、超特大のからすみを皆様の喜びの声援に後押しされ、この度、販売することとなりました。
是非、賞味下さい。

 

(株)川善は鮮魚問屋であり、前浜の沼津港で水揚げされた魚はもちろんのこと、日本全国の魚を買付ける仕事をやっているので魚に対する目効きは保証付です。
こ のカラスミの原料であるボラも相模の沖を回遊している極上のボラを今までの経験とカンで厳選して、買付けて(4.0~5.0t 2000~3000匹)を 全て手作業でつくり浜辺の秋の潮風(からっ風)に吹かれ、太陽の日を浴びながら1カ月近い日数で丹精込めて作り上げています。

 

川善のからすみ